夕方のカーラジオ

夕方の柔らかな光が、車窓を温かく染め上げる。
田舎道を走るたび、心が少しずつ解けてゆく。
都会の喧騒を背にした男性が、久しぶりに故郷へと車を進める。

アスファルトを隔てて、稲穂が金色に波打つ。
彼の記憶の中の風景が、窓外に広がる現実と重なる。
タイヤの転がる音が心地よく、遠くから聞こえる田舎の声。

カーラジオからは、懐かしい曲が流れ、
彼の思い出が静かに色づいていく。
都会での忙しさを忘れ、彼はただ、
幼い日々を過ごしたあの場所へと引き寄せられる。

総合得点 -
0

レビュー
0

まだクチコミが投稿されていません。
クチコミを書く

夕方のカーラジオ

クチコミ投稿の注意点