Kabosu Afternoons

カボスの小さな宝石
青々とした葉の間にひっそりと輝く。
酸っぱい香りが空気を切り裂き、
手に取るとその重さが、
土からの贈り物であることを教えてくれる。

その皮を剥くとき、
指先に広がる油の滴は、
まるで夏の朝露のよう。
果汁が弾ける瞬間、
舌の上で踊る酸味が、
記憶に新しい一章を刻む。

カボスはただの果物ではない、
それは大分の風、水、土を味わうこと。
その一滴に、
緑豊かな畑の日々、
農夫の手の温もりが凝縮されている。

この地の夕暮れとともに、
カボスの酸っぱさが、日々の疲れを癒やす。
ああ、この小さな果実が教えてくれるのは、
自然の中で、生と共に呼吸することの喜び。

Kabosu’s little gem

It shines quietly among the green leaves.

A sour scent cuts through the air,

When you pick it up, the weight is It teaches us that it is a gift from the earth.

When you peel the skin

The oil droplets spreading on your fingertips

It’s like a summer morning dew.

The moment the juice bursts

The sour taste dancing on your tongue

Carve a new chapter in your memory.

Kabosu is not just a fruit

That is to enjoy Oita’s wind, water, and soil.

In that one drop

Days of lush green fields

The warmth of the farmer’s hands is condensed here.

With the sunset of this place

The sourness of kabosu will soothe your daily fatigue.

Ah, what this little fruit tells me is,

The joy of breathing with life in nature.

総合得点 -
0

レビュー
0

まだクチコミが投稿されていません。
クチコミを書く

Kabosu Afternoons

クチコミ投稿の注意点